佐倉保存樹見て歩き

保存樹とは(森林と巨木をたずねる会より ) 

佐倉市文化財保護条例の指定を受けた文化財以外のもので、市の区域内にある名木・古木・樹林等、保存樹選定基準に適合したものをいいます。
 
 樹形が格調高く、樹種等が稀であること。保存価値のある樹齢が100年以上の巨木であることが定められています。平成15年度の保存樹選定件数は90件が登録されています。

 この保存樹を少し見てきました19日に。横だけ4枚しました。縦は近いうちに。

<<
写真をクリックしてください
<<
<<<<


ソース 熊子さん

24日 コメントなしの画像に変更いたしました。






スポンサーサイト

Comment

  • ekoのエトセトラ
  • URL
うさ太様へ

ご訪問いただき有難うございました。気づくのが遅れまして失礼いたしました。
お近くにお住まいですか。慣れすぎると、よさが見えないかも知れませんね。私も初めてでしたが、感動しました。
樹木、みどりの大切さを、あらためて、思いました。

  • ekoのエトセトラ
  • URL
フラワー様へ

今日は。お出でいただき有難うございます。
同じ市内に住みながら、私も始めてです。大蛇の高垣など
住んでおられる方の努力に頭が下がります。
樹木は切ってしまえば終わりですよね。

  • うさ太
  • URL
すごい迫力ですね。

こういう会があることも知りませんでした。
神明神社の古木も大蛇町の高垣も
しょちゅう目にしていますのに写真の
取り方ですごい迫力のある木に
なっています。

  • フラワー
  • URL
保存樹

ekoのエトセトラさんこんにちは。
昨日は恵みの雨が降って良かったんですが。
今日は一転して真夏のような暑さになりましたね。
保存樹の意味知りませんでした。良い勉強になりありがとう
ございます。4枚の画像いずれもすごいですが、
特に神明社の樹木見ているとその生命力が伝わってくるような気がします。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback