• 1
    2012年5月18日 京成バラ園で
  • 2
    2012年5月30日 佐倉草笛の丘 ストベリーアイス 
  • 3
    2011年7月 千葉公園の大賀ハス

誕生日

Category : 未分類
考古学者大塚初重氏の・人生を語る・講演がカレッジでありました。ラジオの深夜放送で40分2回・放送され、大きな反響があったそうです。その放送を、たまたま五木寛之氏が聞いておられ、大塚先生との対談を熱望され、実現し、お互いの魂ががっちり組まれ、ゆすぶられたと、語られました。

五木寛之氏は、勿論著名な作家ですが、終戦の混乱で、体験したすさまじさは、書けないと、言われたそうです。
大塚先生は、昭和18年12月25日に中学を卒業され、海軍水路部に配属され、気象の勉強をされたそうです。

翌年4月佐世保より寿山丸に乗り込み、上海に向かう途中、敵の魚雷攻撃を受け、船は轟沈です。そのとき、生きたい一心から、船倉にぶら下がる、ワイヤーロープを見つけ、そのロープに、飛びつき、必死に上へ上へ、甲板を目指して登っているとき、ふと見ると、自分の足に、人がつかまり、又と、繋がってたそうです。

このままでは、助からない、足を振って、つかまってる人を、振り払った。
赤く燃え盛る火の中へ、つかまってた人達は落ちていった。

芥川龍之介の蜘蛛の糸を思いました。

人をあやめた、苦しい心で、暗い海を漂流しながら、戦争が終わり、生きてたら、
日本の歴史を、最初から研究したいと、思われたそうです。

このような事を人は言いたがらない物です。話された、勇気に、頭が下がります。

カレッジ生に、どれほど、理解されたか。ほとんど戦後生まれでしょう。

この大塚初重氏と私の夫は、大学の同窓・同期です。

同じような経験を持つ、夫から、もっと、真面目に、話を聞こうと思いました。

今日が夫の誕生日です。先日近くの、レストランで、ささやかに、祝いました。

平和に感謝です。

non_nonさんのタグをお借りしました。










<<<<<



スポンサーサイト
Posted by eko on 30.2008   4 comments   0 trackback

終戦の4日後ですか。その頃私は、山梨の集団疎開先でした。taeさんより一回り上、同じ干支ですよ。宜しくね。

今は、何故か、taeさんと同年輩の友人が多く、若い気になってますが、お兄様、お姉さまと同年輩です。

戦争の体験は人それぞれですが、誰しも、二度と味わいたくない事でしょう。
過去の経験を無駄にしない、社会に、なって欲しいですね。

私の義妹は鶴岡出身です。山形はいいところですよね。
2008.02.03 15:59 | URL | eko #79D/WHSg [edit]
私は戦争が終わった4日後に生まれました。
母は9ヶ月のお腹を抱えて、仙台空襲の中を逃げ回ったそうです。あの時、早産したら、母子共にこの世にはいなかった・・
と、母からよく聞かされました。
20歳違う姉が健在ですが、戦争だけは嫌だと常づね語っています。
その下に兄たちがいますが、ekoさんのご主人様と同じ年齢
位かしらとおもいました。
兄も姉もみな元気でおります。
それぞれに戦争の悲惨さを体験したと思います。

自分の事ばかり語ってしまいました。

お元気に活躍されてるご主人様と、いつまでもいつまでも
お幸せにとお祈りいたします。

ところで、新庄は、実家の甥のお嫁さんの生まれた所なんですよ。
雪の深い、でもこじんまりとしたいい街ですよね。

新庄なんて文字を見ますと、ekoさんが急に身近な方に
思われてきました、不思議なものですね(笑)
2008.02.02 22:30 | URL | tae #79D/WHSg [edit]
naoママ様お早うございます。オーストラリアへのご準備でお忙しいでしょうに、コメント有難うございます。
夫は、志願して陸軍に、中国にわたり、山形の新庄市で、自分の部隊を持つ将校で終戦を迎えました。

そこから、人生の再出発をいたしました。時々、死んでいたら、彼と出会わず、どんな人生だったろうと思うときがあります。

今も、歴史ガイドなどのボランティア、剣道の指導などをして
元気です。
2008.02.02 07:14 | URL | eko #79D/WHSg [edit]
ご主人様のお誕生日おめでとうございます。
ステキなレストランでお祝いされたのですね。
1月生まれのみずがめ座・・・
私も同じ月の同じ星座です。

戦争に行かれた方は誰でも辛い心の闇を抱えているのでしょうね・・・
戦場に行かなくても、戦後の混乱期に凄まじい体験をした方がたくさんいられるでしょう・・・
五木寛之氏の最近の活動(寺の巡礼)を拝見するに付け、その苦悩のありようが判る様な気がします。
戦後生まれの私などが本当の苦しさなど理解できないかもしれませんが・・・

ekoさんのご主人様も、ご友人の大塚初重氏と同じように戦争の辛い思い出を持ち合わせているかも知れませんね。
話して吐き出せば心も軽くなるでしょう・・・
大いに聞いてあげることも、大事なのでしょうね。
2008.01.31 12:37 | URL | naoママ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://eko37191.blog24.fc2.com/tb.php/190-b2ed644a

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

蝶が舞うリースの時計

プロフィール

tutuji MG_3334

eko37191

fc2のブログへようこそ

平凡な主婦です。

アーカイブ

MONTHLY

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター