益子

ゴルーデンウィークは込み合うことは解っていても、なんとなく落ち着かず、動きたくなる我が家です。
季節も最高ですしねえ~~
そんなわけで、阿武隈洞まで行って見よう・・・多分無理。
案の定、常磐道は、少し走ると、渋滞情報・・・不思議に又走ると、渋滞・・・
エリアに入っても、駐車が大変。
やっぱり、なぁ~~にも変ってないなあ~~
そこで、行けるところまでに変更。
笠間の陶器まつり・・駐車場が無く、パス。
今まで何とかなった、益子へ・・・
街外れに100円でとめられました。
マイナスイオンを浴びながら、つかもとへ向かいました。
レンゲ畑があったり、山藤が咲いてたり、良い景色です。
つかもとも、大賑わいでしたが、
まずは、つかもと美術記念館へ入りました。
写真いいですよ、との事でご紹介します。

上の写真は、棟方志功が塚本家に贈った真筆の軸と、浜田庄司の大皿です。一間の床の間に飾ってあります。

右は、浜田庄司の掛軸です。「良い材料 素直な仕事」

この精神で、ものを作り、若い人達を指導していたんですね。

素晴らしい人達が、ここから巣立っていきました。

島岡達三

加守田章二

合田好道

素晴らしい作品が、塚本家の古い民家に展示されています。

変更してよかったです。

陶器を見たり、農産物を売っている、おばちゃんたちと、お話しながら買い物しました。
一束100円の蕗・を買いましたが、柔らかで、薫り高く、美味しかったですよ。

non_nonさんのソースを拝借して、UPいたします。
こんな益子もありますよ。













<
<
<
<
<







<

浜田庄司  壷








<
<
<
<
<


name =a2204 id =a2105





スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback