まわり道

藤沢周平原作山桜を見たいと思ってたのですけど、近くでは、なかなか上映されず、やっと、津田沼で一周間だけの上映を知り、行ってきました。

出羽三山に囲まれた美しい庄内平野の風景をバックに、江戸後期、北の小国、海坂の地での物語。

藩の重臣が、私腹を肥やすための悪政、過酷な年貢で、苦しむ、農民。

出だしは何とも暗い画面・・・・

そんな中に暮らす人たちの、凛とした姿勢がすがすがしくて、引き込まれていきました。

自分の思い通りにいかないと、すぐに切れる、人が目立つようになってきました。

紆余曲折、回り道、なんだか重く心に響きました。

義を見て行動する、手塚弥一郎を東山紀之さんが好演してます。

回り道して、やっと居場所を見つけた野江を田中麗奈さんが可憐に演じてます。

その他 篠田三郎・壇ふみ・富士純子・村井国夫・高橋長英・など出演。



富士純子さん演じる手塚志津さんの明るい表情は素敵でした。

貧しくても気高く生きる、まわり道しても幸せは来る・・・

耐えて待つことも、忘れてはならない事と、改めて思いましたね。

昔を思い出しました。



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。