埼玉県秩父・宝登山の臘梅と三十槌のつらら

2月13日(日)秩父、宝登山の臘梅と、三十槌のつららの撮影にいって来ました。
前日までの雪も上がり、素晴らしいお天気に恵まれ、絶好の撮影日和なんですが、
マニュアルで撮るようにと、 言われ、
え~~、どうしよう~~~。
いつも、オートで撮る事が多くて、大変戸惑いました。

三十槌のつららは、石清水が、秩父の冷え込みで、つららになるそうです。
壁になって連なるつららは、自然の造形物で、見事でした。

北斗さんのソースをお借りしました。小さい画像にオンマウスでご覧下さい。
臘梅と青空


デジブックも、お暇なと時にのぞいて下さい。


スポンサーサイト

Comment

  • たなばた
  • URL
こんばんは♪

ekoさま
活動的に動かれて素晴らしいです!!
蝋梅は見事ですね 此方では余りお目にかかれ
ませんが・・・
つづらの画像に魅入りました 雪だるま可愛いお顔
お写真お上手です!!v-424
デジブック楽しませていただきました
外へ飛び出さなければいけませんよね
刺激を頂きました。

こんばんは

青空に浮かぶ蝋梅が 見事です
福寿草の黄色が 鮮やかです
これは 凄いツララですね
滝が凍ったものでしょうか

No title

 たなばた様お出で頂き有難うございます。
 仲間に引っ張られて、頑張っています。ロウバイはとても良い香りですよ。
 花弁は臘のように透き透っています。
 つららはとても見事でした。
 山の壁面一杯につららが下がっています。
 厳しい冷え込みが作る、自然の造形芸術でしょうか。

北斗様

 今晩は。当日はお天気にめぐまれラッキーでした。
 つららは秩父の厳しい冷え込みが作るようです。
 山の崖から落ちる、岩清水が凍るのだそうです。
 自然の芸術作品ですね。
 ご覧いただき有難うございます。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback