デジブック 『世界遺産・春の白川郷』

高山の春祭りから世界遺産の白川郷へ寄りました。

よく見る白川郷は、白い雪の覆われた幻想的な写真が多いですよね。

今回は、雪も殆ど解け、活動開始、忙しい日常に戻る、世界遺産の白川郷を感じました。

世界遺産に指定されたって、人々の生活は有りますものね。当然でしょう。

デジカメのバッテリー切れで、その生活部分が取れず残念なことをしました。

次回の教訓、バッテリーの替えは必ず身につける事。


デジブック 『世界遺産・春の白川郷』




スポンサーサイト

Comment

  • eko
  • URL
こんにちは

相変わらずお天気が定まりませんね。高山の春祭りは、雨が降らなくて、ラッキーでした。文化財の山車を守るため、雨が少しでも落ちたら、中止だそうです。サークルで行きましたので夕方の巡行から、夜祭、翌日のからくりまで、全部見る事が出来ました。
個人で行っていたら、全部見なかったと思います。寒かったですし、翌日の朝は雪で真白でした。高山市内は降らなかったようで幸いでした。
白川郷の合掌作りは趣がありますね。やっと雪が解けたところのようでした。
白川郷合掌造りは雪があれば、幻想的だと思いますが、住んでいる方は大変でしょうね・・・
ご覧いただきありがとうございました。

  • naoママ
  • URL
白川郷

4月半ばだというのに「白川郷」にはまだ雪が残っているのですね。
今年が特に寒いからということではなく、いつものことなのでしょうか?

息子が高校時代の修学旅行に、この合掌造りの民宿に泊まったそうです。
春休みに行ったのですが「とても寒くて寝られなかった」と言っていたことを思い出しました。

私は高山には行っていますが、白川郷は知りません。
日本人ならこの世界遺産を訪ねて見なくてはいけませんね。

↓高山祭りも楽しませて戴きました。
私も「屋台会館」で見ただけなので、いつかお祭りの時期に行って見たいと思っています。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback