舊北国街道 海野宿 高峰高原の続です

高嶺高原を後にして、急遽、小諸城址から変更した、海野宿へ到着しました。
海野宿は初めて聞く名前でしたが、趣のある街並みでした。

日本の道百選選定地区・そして重要伝統的建造物群保存地区に
指定されている町でした。 寛永2年(1625年)北国街道の宿駅として開設され、
延長650㍍、享和年間には旅籠が23軒、
伝馬屋敷が59軒で宿場は賑わっていたそうです。

見どころは、卯建・海野格子・気抜き等 予備知識が無く、
その特徴をよく撮れませんでした。

街の雰囲気をご覧ください。<
<
<海野宿

<<>
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

sakuraさんのソースをお借りしました。
スポンサーサイト

Comment

こんにちは
街道も海野宿もあまり馴染みがない場所でした。
「重要伝統的建造物群保存地区」っていうと、佐原と同じようなかんじなのかしら。
まだまだ日本には、貴重な建造物が残されている事、映像を通して再認識致しました。

ケイ様

おはようございます。猛暑もどこへ行ったやら・・・
梅雨が戻ったような。大雨情報ばかりですね。

海野宿、うだつとか、気抜き、海野格子などが特色のようでしたが、掴みきれませんでした。

知らない所が、まだまだありますね。
ご覧いただき有難うございました。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback