印旛沼屋形船クルーズ


佐倉ふるさと広場の風車
  佐倉市制40周年の平成6年春、佐倉ふるさと広場に 本格的なオランダ風車が誕生した。印旛沼湖畔に、  産声を上げた、日本初の水くみタイプの風車である。 名称は日蘭交流の幕開けとなったオランダ船  リーフデ号にちなみ"リーフデ"(友愛)と命名されました。
印旛沼は、下総大地の浸食谷の出口に利 根川の流れとともに運ばれてきた土砂でせ きとめられてできた天然淡水湖です。 沼は北印旛沼(6.26km²)と西印旛沼 (5.29km²)に2分され、両沼は捷水路で 利根川と結ばれている。 水深は1.7m(最大水深2.5m)と浅く、 沼の容積は2,770万トン (東京ドームの約25倍)、面積は11.55 km²(東京ディズニーランドの約25倍) あります。
  昨日、カレッジ遊友会で、印旛沼屋形船クルーズがあり参加しました。沼を渡る風は心地よく、楽しいひと時を過ごしました。
この屋形船は、鵜飼いに使用されていたものを、譲り受け、屋根を付けて、印旛沼屋形船クルーズで使用されています。貸切、休日には、乗合もあります。
クリックしてご覧下さい。









屋形船クルーズ自然の涼風は心地よい

尚2008年7月に乗船した記録が、EKOのカメラ散歩にありますので、覗いてみてください。
スポンサーサイト

Comment

  • naoママ
  • URL
印旛沼♪

ekoさん、最近は写真サークルやカレッジのお仲間とのお出かけが多くなりましたね。
今回は爽やかな風が気持ち良さそうな「印旛沼屋形船クルーズ」・・・

私、印旛沼にはまだ行った事がないのですよ。
あの京成線から見える風車は日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ"リーフデ"(友愛)と命名されたのですね。

今期の写真展の題材が「水辺の風景」、来週までに10枚提出の宿題が出され、頭を悩ませています。
リンク先の「写真表現」も拝見させて戴き、参考にしております。
ありがとうございました。

軽井沢や高峰高原は良く行きますが、↓の「海野宿」は知りませんでした。
今度寄って見たいと思います。

今日から8月、戻り梅雨のようなお天気も少し回復して来ました。
私も夏を謳歌しなくては・・・

naoママ様

こんにちは。
だんだん出にくくなって、カレッジ、撮影会は特別扱いです。それも状況次第ですね。

私も、9月の写真展に出す作品が無くて、頭が痛いのですよ。高峰高原、海野宿での作品をと思っていましたが、酷評でしたので出せません。
提出日も近いので、困っています。

お互い頑張りましょう。

今週からまた暑い夏が来るようです。大いに楽しんで下さい。

ご覧いただき、有難うございました。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback