大内宿

 夏になると心がざわつくのは何でかしら。出かけてみれば、暑い夏の日差で、ちょっと歩いても、汗が噴き出し、ダウン寸前。性懲りもなく今年もドライブに出かけてみた。那須・会津は、何度も訪れ、珍しくもないけど、好きなところ。
その途中、最近人気の、大内宿へよってみました。江戸時代の宿場町の様子を山間に残し、保存しているところ。
葱1本で食べる、おそばが、大人気、中でも三澤屋が、老舗らしく、食べるのに1時間以上待ちました。でも、美味しかった。待ってよかった。

                                                                        



高遠そば
会津の殿様が信州高遠藩で育ち寛永20年会津藩主となって以来、大根おろしそばを
高遠そばと呼んでいるそうです。

ねぎは、箸代わり、薬味をかねています。





スポンサーサイト

Comment

  • EKOのエトセトラ
  • URL
SORA様

 大内宿がSORAさんの思い出の地とは・・・
ねぎの箸でいただく、そば、特に三澤屋は大人気・大混雑で、番号札をもらい順番を待ちました。90分ぐらい待ったでしょうか?
ねぎに引っ掛けていただくおそば、美味しかったですよ。
 活発な少女時代のSORAさんが浮かびます。

  • SORA
  • URL
ドライブ

楽しみにしていた新しい投稿!素敵な写真が取れているではありませんか!

会津には高校時代からの友人が住んでいますが、葱が1本椀に付いて来るお蕎麦は食べたことが有りません。
三澤やさんは皆でワイワイ騒ぎました。その昔・・・・。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback