授業参観

12月に、世代間交流と言う授業があります。小学校1年生とカッレジ生が、お遊びををしながら、交流、親睦を深めるのです。
そのため、現在の小学校を知るため、授業参観日の、昨日、カッレジ1年生が、便乗させていただきました。
訪問した、小学校は、伝統ある佐倉小学校です。校門を入ると、二ノ宮金次郎の銅像が目に飛び込んできました。懐かしいなと、思いつつも、どのくらい解っている子がいるのだろうと思ってしまいました。
1年生から6年生までの、教室を拝見させていただき、改めて、年齢差、学年差の、違い、大きさを知りました。
授業の進め方なども、ずいぶん、変わってきているように、見えました。
さんすうきょうしつが独立してあり、専門の先生と、担任の先生で、授業をするとの事でした。どのくらいの、頻度か知りませんが、算数の遅れを防ぐには、素晴らしいと思います。
きめ細かく、進められている、授業を参考に、1年生をどのように、あきさせず、遊ばせられるか、ちょっぴり、心配です。多分私達の班はカルタです。どんな方法で、楽しく、遊んでもらいましょうか?・・・・
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback